記事最終更新日:2018年02月12日

記事投稿日:2018年02月12日

閲覧数:876 views

コードリーディングを楽にするCtagsの使い方メモ -【Unix&Linux&Mac】

はじめに

今回のD.M.C.【デベメモドットコム】の記事は「コードリーディングを楽にするCtagsの使い方メモ」のという事で、変数、関数、クラス等の定義場所へコードジャンプしてくれるCtagsの使い方を記事としてまとめたいと思います。

インストール・設定

今回はMacとLinux(Ubuntu)のインストール方法を紹介します。

まずはUbuntuのインストールは下記のようになります。

$ sudo apt-get install exuberant-ctags

Macのインストールは下記のようになります。

$ brew install ctags

Macの場合はデフォルトのctagsがインストールされているので、.bashrcにエイリアスを設定していきます。

バージョン部分に関してはインストールした際のバージョンに読み替えてください。


alias ctags='/usr/local/Cellar/ctags/5.8_1/bin/ctags'

Ctagsコマンド一覧

カーソル位置の単語にマッチするコードにジャンプ Ctr + ]
カーソル位置にマッチするコード候補のプロンプト表示 g + Ctr + ]
直前のコードに戻る Ctr + t
直前のコードにジャンプ :pop
直前のコードにジャンプ :prev
直後のコードにジャンプ :tag
直後のコードにジャンプ :tnext
keywordにマッチする最初のコードにジャンプ :tag keyword
keywordにマッチするコードにジャンプ、複数ある場合はプロンプト表示 :tjump keyword
最初にマッチするコードにジャンプ :tfirst
最後にマッチするコードにジャンプ :tlast
プロンプト表示 :tselect

About / ブログについて

D.M.C. / デベメモドットコム

D.M.C.【デベメモドットコム】はWEB制作に関することを中心に、 その他、関連する事まで出来るだけわかりやすく備忘録としてメモを残していくブログです。
このブログを通して少しでも為になる情報を発信して皆さんと共有できればとても嬉しいです。

ページトップへ

Categories

Tags